【Report】新里碧 ことば宝石商会ワークショップ(2015)

Archive】2016.10.08

生活と表現2015「エキシビション&フェスティバル」(2016年3月)の開催に合わせて、新里碧による展示作品にちなんだワークショップを全3回開催しました!

 

【展示】
宝石問屋のある御徒町には各地からたくさんの石が集まってきていますが、御徒町産の石はありません。そこで、アーティストなりにまちで集めた「ことば」から宝石をつくるアプローチで作品を制作、展示しました。

 

_I8A8108

 

路面の大きな窓越しに見える展示。お店のショーウインドウのように、外から中の様子をうかがう方がたくさんいらっしゃいました。

 

_I8A7947

 

_i8a7949

 

樹脂でできた宝石の中には、「ニューグリーン」「珈琲専科」などまちの看板などからとられたと思われる言葉などが埋め込まれています。新里さんの頭にふと浮かんでしまったことも混じっているようです。

 

【ワークショップ】
ワークショップでは、まず新里さんが展示作品を紹介。宝石ひとつひとつにある由来が明らかになります。

 

dsc_0002_s

 

参加者には早速、会場の周辺を自由に歩きながら、それぞれに「ことば」を集めてきてもらいます。

 

dsc_0029_s

 

宝石問屋がひしめく「ルビーストリート」の看板に注目する参加者。

 

dsc_0009_s

 

会場に戻り、まち歩きの感想をおしゃべりしながら、それぞれに使う「ことば」と、宝石の型、色を決めていきます。

 

img_0342_s

 

色とりどりのレジン(樹脂)。型の大きさや形も様々です。

 

img_0250_s

 

「ことば」をパソコン上で打ち込み、フィルムシートに転写します。

 

img_0255_s

 

宝石の型に、レジンを半分流し込みます。

 

img_0258_s

 

フィルムシートの文字をとじ込めます。うまく層をつくって、装飾用のラメなどを入れることも可能。

 

dsc_0062_s

 

UV(紫外線)で凝固させます。レジンは5〜10分程度で硬化するので、ここまでくればあっという間の完成です。

 

img_0282_s

 

「宝石名」「原産地」「カラー」を記入した宝石の鑑別書を作成いただき、、、

 

img_0263_s

 

袋に入れてお持ち帰りいただきます。大事に飾るもよし。使うもよし。帯留めに加工して使用してくださっている参加者もいました。

 

新里碧《ことば宝石商会》ワークショップ
2016年3月6日(日)16:00〜18:00、19日(土)・20日(日)10:00〜12:00
会場:ご近所❤︎ギャラリー 吾郎
参加費:800円(「生活と表現」オリジナルタオル付き)
http://representation.tokyo/2016/02/26/nissato/

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

top