2017年1〜2月のプログラム

exhibition-festival Program】2016.12.10

161213

 

川瀬一絵 写真展「浮かぶ雲」
2016年より御徒町の風景を写真におさめてきた川瀬一絵による写真展を行います。また会期中には、 参加者がそれぞれにまちを歩き、出会った風景を写真で共有するワークショップを開催します。

 

日時:2017年1月21日(土)〜2月5日(日)12:00〜20:00 月曜休
※1月21日(土)は14:00〜18:00 ワークショップ、19:00〜21:00 オープニングパーティーを開催
※1月30日(月)18:45〜22:00はスイッチ総研公演に合わせて特別オープン
会場:ご近所♥ギャラリー 吾郎(東京都台東区上野3-5-7)
料金:無料
詳細はこちらのページをご覧ください

 

スイッチ総研「上野御徒町 燕湯スイッチ」
「スイッチ」押すと「何か」がおこる3秒〜30秒の小さな演劇を日本全国の道ばたで研究開発上演し注目を集めるスイッチ総研が、初の銭湯公演を行います。燕湯に仕掛けられた幾つもの「スイッチ」を押して、物語を始めるのは貴方です!
作:スイッチ総研+上野御徒町 燕湯スイッチ研究員
総合演出:光瀬指絵、研究開発
出演:大石将弘、光瀬指絵、山本雅幸 他
協賛:内外薬品株式会社

 

日時:2017年1月30日(月)19:00/19:30/21:00/21:30
会場:燕湯(東京都台東区上野3-14-5)
料金:3,000円(入浴券つき) 定員:各回30名
発売日:12月20日(火)13:00
取り扱い:カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/tsubameyu2017

 

※一般前売り券は完売しました。予約キャンセルによる再販や当日券の販売に関しては、スイッチ総研のTwitterでお知らせします
※詳細は、スイッチ総研のウェブサイトでご確認ください

 

関連トーク開催!
「銭湯×アートプロジェクト:『上野御徒町 燕湯スイッチ』『曳舟湯怪』から見えたもの

銭湯を舞台に行われた2つのアートプロジェクトの制作秘話や、都内の銭湯事情などについて話します。
出演:スイッチ総研、新里碧(アーティスト)、栗生はるか(文京建築会ユース 代表)

 

日時:2017年2月4日(土)20:00〜21:30
会場:ご近所♥ギャラリー 吾郎(東京都台東区上野3-5-7)
料金:500円(ドリンクつき) 定員:20名(先着)
※事前申し込みはstaff@nomadpro.jp宛に「氏名」「連絡先」「参加人数」を添えてメールでご連絡ください

 

 

【関連レポート】 燕湯とウエハラヨシハル《春一番》(2015)

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

top